蜂蜜城の図書室 を読んだ感想
投稿者:小樽ミオ 2014/03/25(火) 00:32
表示
 こんばんは! 気付いたら拍手メッセージで送れない程度の文字数を書いていたようです……(笑)

 『モヤモヤボール』、拝読しました。コガネの地下道、懐かしいですね〜。画面の中のあの閑散とした地下道、まさしくちょっと怪しげなお店が並んでいそうな雰囲気があります。ロケット団の魔の手はこんなところにも……。

 情報が動きと絡み合いながら、足りないこともくどすぎることもなく、すんなりと入ってきたので読みやすかったです。しかもその中庸を保った状態で登場人物の性格まで見えてくる技巧は、やはり経験に裏打ちされているんだなあと実感します。受験で執筆をお休みになっていたのが嘘のようです……。
 アキラくんからは子どもらしい「褒められて嬉しい気持ち」や「未知を恐れぬ挑戦心」を感じます。お父さんは亭主関白とまでは言わないけれども、確固たる考えを持って家庭を牽引してくれそうな人ですし、お母さんも自分の意見を持っていて、夫と家庭の両輪になってくれそうな人ですよね。その三人の家庭像が思い描けるだけに、それを崩壊させかねないモヤモヤボールに不安感を募らせてしまいました。徐々に積もり積もっていく感じが読んでいて楽しかったです。
 お父さんの判断は間に合ったのか、アキラくんは心を閉ざさずに済んだのか。きっといつかはトレーナーになる若いアキラくんの後日譚も気になっています。ステキなトレーナー人生が待っているといいなあ!

 次は『紫苑に響け、追憶の音色』も拝読したいと思います。ありがとうございました!
03
投稿者:はやめ 2014/03/25(火) 09:44
表示
 こんにちは。ミオさん、感想ありがとうございます。

 そうですね、二次であったり、プロの作品であったり、色々読んでいて思うことには、あんまり書きすぎちゃうのもどうなのかなーと思うところがしばしばありまして。勿論、何が正しくて何が悪いというのはないですし、人それぞれなんですけどね。その微妙で適切な塩梅を、今は探している途中みたいなものです。繰り返し繰り返しで、自分のスタイルや文章を確立させていければいいなあ、と。
 一応今回は、なるべく具体例を挙げる、という努力を自分なりにしてみたつもりですが、ある程度は想像させる、してもらう余地を残すのもまた一つの手法なのかなと思います。

 受験で執筆をお休みになっていたのが嘘のよう、とは。なんだかもったいないお言葉……。お褒めいただきうれしいです。
 自分としては『モヤモヤボール』は割と勢いだけで書き上げたような認識だったので、技巧と評していただけて驚いております。一応登場人物の言動だけで人柄を理解してもらうように……とは常々心がけていることなので。
 こういった作品も受け入れられてよかったです。もっと色々な分野に挑戦して、自分の幅を広めていく試みもしたいですね。
 
 積もり積もっていく、まさに狙ったような部分です。とにかくこの作品は読んだ後にスッキリしない感情が残るようにと、ひたすら願いながら書きましたので(
 実は、当初の原稿では明確な結末の一部を提示していたのですが、ハッキリザックリ書いてしまうのは作品にそぐわないというか、無粋だなと思ったので省きました。結果としては公表時の方が気に入ってます。

 『紫苑に響け、追憶の音色』は長い作品ですが楽しんでいただければ光栄です。こちらこそ、感想ありがとうございました。
04
蜂蜜城の図書室 > ポケモン+人間 > 01 モヤモヤボール を読んだ感想
投稿者:黒須 良太郎 2014/03/17(月) 23:59
表示
 はやめさん、こんばんは。モヤモヤボール読みました!

 はやめさんの作品は初めて読みましたが、なるほど噂通りの文章力に圧倒されました。すごい!
 「一抹の不安」や「鉄板面」など、熟語を上手く使った文章はとても高い表現力を示していて、おかげで場の情景が非常に掴みやすかったです。
 語彙力があると言っても決して難しい言葉を使っていないのもよかったです。決して見せつけられるような感じではなく、丁寧に作り込まれているのを感じました!
 はやめさんの作品のウリは、まさしくこの語彙力によって支えられた表現力の高さにあるんでしょうね。
 騙されにくそうな主人公が、巧みにロケット団の罠に落ちていく様がなんとも奇妙な印象でしたw
 甚大な被害を被ってるわけではないので怖さはないんですが、不気味さに溢れてますw

 復帰後からの素早い更新もすごいです。執筆お疲れ様でした!
01
投稿者:はやめ 2014/03/18(火) 09:56
表示
 黒須さん、感想ありがとうございます。早速読んでくださってうれしいです。
 文章力がありますか! 何せ臆病な性質ですから、いつもこれで大丈夫かな? 不足はないかな……? と推敲をしても結構ビクビクしながら投稿するのですが()、そう言っていただけると自信が持てます。ありがとうございます。

 私は、語彙力とは常日頃から磨かなければならないものだと思っていますが「ここはこの表現がふさわしいのではないか? これ以上難しい言葉をわざわざ用いる必要はないよね」という風に考えながら日々執筆しております。たまにかっこつけなんかで難解語句を使いたくなる(或いは使う)時もありますが、やはり読者の方が置いてけぼりになっては本末転倒ですからね。ここの塩梅はなかなか判断が迷うところです。
 難しい言葉を使って良い文章を書くより、簡単な言葉を使って良い文章を書く方が私は難しいと思います。どちらかというと、後者の方を目指しています。まだまだ精進しなければなりませんね。

 話としては社会人がヘンテコな詐欺(?)に引っかかっただけですが、タイトルにもある通り、どこか漠然としないような、読み終わってもなんだかスッキリしない感じを今回は目指しました。ですから、不気味と思っていただけるなら成功ですね(

 これからもぼちぼちやっていこうと思います。改めてありがとうございました。
02