セキエイに続く日常 > セキエイに続く日常 > 46 208-彼等の時間  を読んだ感想
投稿者:竜王 2021/06/03(木) 01:45
 いつも更新お疲れ様です。「彼らの時間」を拝読させていただきました。とても面白かったので感想を書かせてもらいます。
 まず、冒頭の掴みがうまいです。端的に「フューチャートーナメントが開かれる」という提示から読者に何がこの話で起こるのかを想定させる。しかし、そのトーナメントを開催する意図はわからないと謎を作り出す。そうすることでホップの描写にすっと入っていけるんですよね。そういった配慮のうまさは風さんならではだと思います。そこから場面が転換してモモナリの描写。どうしてモモナリがガラルで起こっていることに噛むことになるのか。それを丁寧に描写することによって読者へのストレスを軽減してくれていると感じました。モテる文章だなあと思います。
 そして、モモナリがホップやビートと出会う場面について。ホップやビートがモモナリに敵意を抱き、そこで自分の内面を見つめ直す展開がよかったです。後ほど詳しく述べますが、モモナリはこの話においてボスキャラの役割を担っていると考えて読みました。
 さらにモモナリとネズとの会話について。ネズは流石に大人でモモナリの発言に怒ったりしないですが、「だからオメーは、カリスマになれねーんですよ」のチクっとした嫌味が原作キャラの機微をうまく捉えて作品に落とし込んでいると思いました。原作キャラの解釈がうまいと感じたのはネズだけでなく、ビートもまたそうでした。


 >だが、ビートの中に存在する理ではそれは違った。
 モモナリの言葉には、哀れみがあった。慰めがあった、悲しみがあった、慈悲があった。同情があった。
 だが、モモナリの言葉には、共感が一欠片ほども存在しなかった。それを悲しいことだとか、不幸なことだとか、そういうことを思ってはいても、それに対する共感などない。そういう言葉だ、そういう視線だ。
 施設で育ったビートは、そのような言葉、視線を多く経験してきた。可愛そうだ可愛そうだと口では言い、それなりの施しもあるが、かけらほどの共感もない人間を、彼は多く見てきた。
 そして、彼にとってそれは耐えることのできぬ屈辱であった。それらの言葉を、視線を、施しをうまく利用する人間はいただろう。だが、彼はそれができるほど誇り低くはなかったのだ。
 故に、彼は友人がそのような視線を向けられていることに我慢ができなかった。


 この部分がビートにある気高さと過去の経験が絡まり、キャラクターに立体感を持たせられている技巧がすごいです。風さんが書くキャラはしっかり土台が作られているので読者が違和感なく受容できる。だからモモナリというオリジナルキャラクターが絡んでもキャラ像がぶれない、これは洗練された技術があるから為せるものだと思いました。
 次に魅力を感じたのは「チャンピオン」の描写について。作中では繰り返し「チャンピオン」と呼ばれ、名前が与えられていない。「チャンピオン」は語ることもないし、作中の描写では性別すらわからない。登場人物にとっては「チャンピオン」はもちろん人間ですが、私には「チャンピオン」が人間でなく「チャンピオン」という概念そのものに思えました。
風さんの作品からは徹底して「原作におけるチャンピオン」が描写されていないところが面白いなあと思います。
 そしていつもながら、バトルの描写がとてもうまい。ただポケモンが動いているだけではなく、トレーナーが互いの手を読み合い、そしてポケモン同士が戦う。この四者の緊張関係を苦労せず書き分けているよう見えるのはとても難しいだろうに、それをしっかりとこなしている。そして、モモナリがダイマックスをお披露目するところがかっこいいです。


  >「僕も使ってみようじゃないか! 新世代! 最前線! 僕はこの道を歩こう!」


 このモモナリの叫びがいい。トーナメントに出る前は「最後のチャンピオンロード世代」や、ビートから「ダイマックスも知らぬこの星の裏側の旧世代は、礼儀どころか、倫理も持ち合わせていないらしい」と言われたり「旧世代」の象徴のように語られていました。そのモモナリが殻を破って新世代の戦いについていこうとするところが好きです。しかも、ただ漠然と後追いをしているわけではない。


  >『めざめるパワー』という技を、彼らは知らない。あまりに非効率的だからと、歴史の中に消えた技を、ポケモンの可能性を信じる男たちの技術を、彼らは知らないのだ。


 『めざめるパワー』がガラルにないが、「旧世代」に生きるモモナリは知っている。だから、『ダイソウゲン』をつかうことができるという結論は理にかなっているし、まさにこれ以外ないとしか言えませんでした。ここでモモナリというキャラの格がしっかりと立っているのが素晴らしいと思います。
 最後に文体について。文章にギアがかかる瞬間が本当にいいです。場面の盛り上がりに応じて文体を変化させるところに配慮と技巧が行き届いているなと思います。例えばここです。


>「そんなこと、世界に認めさせる必要はない。自分がそう思うなら、それでいい……いまここで、君がそれを認めさせないといけない相手ってのは」

 目に見えぬ一瞬の早業、モモナリが腰のボールをすでに投げている。

「この、俺だろうが!!!」

 濃い砂嵐が、スタジアムに吹き荒れ始めている。

 カントー・ジョウトリーグトレーナー、モモナリが、勝負を、仕掛けてきた!


 この部分は「彼らの時間」のピークをここに持って行こうとしていると読んでいて感じました。風さんの作品では感嘆符を使っている箇所が少ないのですよね。ただ、この箇所では三つも感嘆符が重ねられている。そこにモモナリの感情がの昂りが込められている。それに、一人称の変化も工夫の跡だと読みました。普段は“僕”なのに、この箇所で“俺”になることでギャップを持っていく。
 そして、何と言っても最後の「カントー・ジョウトリーグトレーナー、モモナリが、勝負を、仕掛けてきた!」という箇所ですね。ポケモン原作の一文を持ってくることによってバトル開始前のやり取りを綺麗に締めていると思いました。しかも、この一文を挿入することによって物語の結末を暗示している。ポケモン原作の構造として、「勝負を仕掛けた側」は敗北することが義務付けられています。つまり、モモナリはこの対戦において「負ける役割」を担っている。だから、この話における主人公はモモナリではなく、ホップたちであり、モモナリはむしろボスキャラであるのかと解釈しました。だから、「彼らの時間(チャンピオンズ・タイム)」でり、モモナリは最後にダンデと戦わないのかなと考えました。物語の展開でなく、文体で作中の構造を練り上げる技術がうまいと思います。
 それでは、ここらで失礼します。ガラル編、本当にお疲れ様でしたー!
11
セキエイに続く日常 > セキエイに続く日常 > 28 24-摂理 を読んだ感想
投稿者:円山翔 評価:感動した! 2018/04/01(日) 22:02
表示
 毎度楽しく拝読しております。
 前話と共に拝読しました。
 本当の強さって何だろう。そんな問いかけをされたような気分です。そして、ただ強いポケモンがいればいいという訳じゃない、という一つの見解を示してくれているように思います。
 リーグトレーナーにとって、他のリーグトレーナーは競い合う相手でしかない。たとえそれが、オフの日には盃を交わすような仲の良い相手であっても。だからこそモモナリさんは「こっちにはいない」と言ったのかなぁと思ってみました。そういう覚悟というかなんというかの差が、トートクさんとモモナリさんを分かつ境界線だったのかなぁと。
 人間が引き起こした問題だからこそ人間が解決しなければならないというモモナリさん。しかし、人間が引き起こした問題だからこそ人間には解決できないという皮肉。「身の丈に合ったポケモンを選ぶ」ことをしなくてもいいのはゲームの中だけなのだろうなぁと改めて思わされました。強いポケモンを育てれば勝てると勘違いしたトレーナーが引き起こした事件を通して、本当の強さとは、と考えさせられたのです。となると、私自身も本当に周りの人や動物やその他いろんなものとどう付き合っていいのか、改めて考え直さなければならないと思わされました。
 何というか。来来坊さんの作品はどれも「説得力」があると思うのです。パースエイダーのような物騒なものではなくて、淡々と、しかし確実に諭すような静かな説得力を感じます。
09
投稿者:来来坊(風) 2018/04/03(火) 22:20
感想ありがとうございます!

この二つの話に関してはちょっとシリアスと言うかちょっと悲し目の話にしようと思っていました。
モモナリにとっては、戦うことこそがコミュニケーションであって、彼が最も楽しめる遊びだという感覚でキャラを作っています。他のリーグトレーナーにとってのポケモンリーグと、彼にとってのポケモンリーグは意味が違います。そこが境界線であり、適正なのだと考えています。

後半の話に関しては、まさに感じられたとおりで、皮肉を強めに書いています。
ゲームの中ではドラゴンだろうが宇宙を作ったポケモンであろうがへーこら言うことを聞いてくれますが、それはオーキドや各地方の博士に才能を認められた主人公だけの話であって、一般人はそうではないと考えたほうが物語がより面白くなるのではないかなと考えています。
10
セキエイに続く日常 > セキエイに続く日常 > 22 184-親子ウォーグル を読んだ感想
投稿者: 2018/01/13(土) 22:20
表示
 こんにちは海です。184親子ウォーグルを読みました感想です。

 あ〜良かったです。リベンジの話でしたね。カールさんリベンジならなかったけれど、と同時にモモナリの、非情と彼等に評される強さを見た話でした。でもあそこでモモナリが手を抜くことがあれば間違いなくカールへの侮蔑になるのでしょう。最後の最後まで圧倒した姿、しかしその中でカールが一矢報いようとした意地、その矢は届かなかったけれど「受け継がねば」とニーベがバトンを受け取った瞬間、渋い、熱い展開劇でした。
 私自身、老いた人間が実際にトレーナーとしてどのように衰えていくのかをあまり具体的に想像したことがなかったのですが、「特に目がな」とカールが言い、そして実際、モモナリが強いのはもちろんながらもカールの目や体力の衰えで勝負が決まっていってしまう展開というのは、ああ、これが老いなんだ、としんと理解させられました。そのあたりを丁寧にバトルの中で具体的に描かれたのは風さんのバトルへの造詣の深さや作り込まれた設定等々の賜だと思います。なんでしょうね、風さんの文章って(前々から言われていることではありますが)シンプルで、淀みなく進められる読みやすさだからこそ、あっさりと進んでいき終わっていくバトルが、すこしだけ虚しくなるんですよね。不思議なんですよ、モモナリと違ってカールという人間は登場回数がごくごく少ないにもかかわらず、まるでカールの今までを見てきた末に沸き上がってくるような切なさがあるんですよ。この物語の中にそれは詰め込まれてる。でも、「虚しい」で終わらない。劣っていることは誰もが、カール自身も解っていた。しかしカールは戦ったし最後まで戦い抜いた。相手が「狂人」でも。それもまた「強さ」ですよね。ああ、強い老人。いいですよね。もう、良い。
 しかし、強いトレーナーが来て「買い物に出かけなければよかった」と残念がるモモナリは「流石、らしいなあw」でしたが、カールと一戦交えジャクソンとも続けて戦い、更にギーマとも戦うと、まあ当たり前のように言うものだから、頭おかしいですね!(褒め言葉です。風さんなら許してくれると信じて)でも頭おかしいからこその強さ。チャンピオンロード世代らしい逞しさや底知れなさ。モモナリの一筋通ったキャラクターがこんなにもかっこいい。
 最後、感想を書こうと思ってこのタイトルが「親子ウォーグル」であることを改めて思い出しました。親子、それは言うまでもなくカールとジャクソンのことでしょう。では、ウォーグルと付けられた理由はなんだろう、ウォーグルはこの話には出てきていないし。イッシュのトレーナーだから? ああでも風さんのことだ、ここもクールに何か理由あってウォーグルを持ってきているに違いない!はい、ググって図鑑見ました。
「仲間の ためなら どれだけ 傷つこうとも 戦いを やめない 勇敢な 大空の 戦士。」
「空の勇者の 異名を 持つ。 傷ついても 逃げることのない 誇り高く 勇猛な ポケモン。」
 勇敢な戦士。イッシュからはるばるカントーの地までやってきて、自分を倒したそのトレーナーを倒す、そのためだけに。
 最後のあたりで、ジャクソンは素直に、怖い、と父親に零しました。そしてカールもまた息子に、俺も怖かった、と告げました。親子の意思疎通。負けることへの恐怖。年をとりキャリアを重ねるほどに、背中に負うものは多く、重くなっていく。負けてしまったときどうなってしまうかを考えると、どうしようもなく怖い。「しかし、だからこそ、強くなる」。カールは恐怖が普通だと言う。普通の人間。カールもジャクソンも同じ恐怖を抱いている、普通の人間。それはバトル狂であるモモナリよりも私たちにむしろ近い感覚。そうはいっても彼等は高いレベルのところにいる。それは、「だからこそ、強くなる」と、傷ついても逃げることのない、勇敢で誇りをもった戦士であるからでしょう。まさに、ウォーグルの名がぴったりです。ああ、ちょっと、タイトル……ちょっと……風さん、最高にクールですよ……。なんですか、ずるいですよ!面白い!
 はあ〜また良いものを読ませていただきありがとうございました。あんまりジャクソンやニーべのことに触れられずすいません!今後も応援しております!
07
投稿者:来来坊(風) 2018/01/15(月) 01:17
 海さん、復帰してすぐに読んでいただけて本当にありがとうございます!

 今回の短編はこのシリーズでは珍しくわかりやすく伏線のようなものがあった話でした、以前のイッシュエピソードを書きながら、これはいつか回収するんだろうなと思いながらやっていましたね。

 自分は原作(ゲーム)でのポケモンバトルに関して「簡単にやっているように見えるけど、それは主人公の能力と才能が凄まじいだけで、基本的にこの領域のバトルをすることが出来ない一般人も沢山いる」という解釈を持っています。ポケモンに個体値があるように、二次創作の中ではトレーナーにも個体値があるべきだと思っています。だからこそ、「トレーナーの肉体の衰え」と言うものはチャンスがあれば書こうと思っていたテーマであり、今回、それを上手く解消できたのではないかと思いました。
 目の動き、動体視力というものは衰えが顕著になるものであり、有名アスリートの中でも、技術的にはまだまだ戦えるが、目の衰えが一番きつかったと語る事が多いイメージです。メジャーリーグで禁止薬物であるステロイドが流行っていた時代、打者にとってステロイドで得ることが出来る能力に「動体視力の改善」があったと聞いています。地位と名誉に恵まれたメジャリーガー達ですら、優れた動体視力を求める(再び手に入れる)ために禁止薬物に手を出していたのです。見えるものが見えなくなることは、瞬間に生きる彼らにとってショックだったと思います。
 観察眼と決断力で戦ってきたカールにとって、動体視力の衰えはそれこそ自身が自身でなくなるほどの不安をもたらしたでしょう。ここで、自分が自分でなくなる前にもう一度戦うという選択をするというキャラクターとして作っていました。それは見なくても良かった現実を直視することになる選択肢なので、誰もがそれを選ぶことが出来るとは思いません、彼は誇り高い戦士であったと思います。

 カールの息子であるジャクソンも、勿論最も近くでカールを見てきた人間の一人なのですから、彼に対するあこがれがあったわけです、だからこそ、彼は過去の自分にケリを付けるために、恐怖を押し殺すことこそが戦士の条件であると考え、モモナリに向かっていったわけです。カールは自分が自分であるために戦いましたが、ジャクソンは自分を帰るために戦います。
 この話のプロットを書いたとき、「怖いのが普通、だからこそ強くなる」というこの話の総括は決まっていませんでした、もっと浅いノリのプロットだったと思います。しかし、何のはずみかこの落とし所が浮かんだとき、この話に登場するすべてのキャラクターの立ち位置のようなものが決まったのです。
 これは短編の中で表現することが出来ませんでしたが、この話の時系列に存在するカールは、実はモモナリと戦うことが怖くはなかったのです。リーグトレーナーを引退し、弟子もおらず、息子は立派にやっている、つまり彼にはもう背負うものがほとんど存在しなかったのです。だからこそ彼は十中八九勝ち目がないであろう戦いに「死に場所」を求めることが出来ました。
 その逆に、ジャクソンはモモナリと戦うことを恐れまくっています。これは当然リーグトレーナーとしての立場もあり、イッシュ人としてのプライドもあり、単純な過去のトラウマもありました。そして、彼はそれを恥だと思っていました。勇敢であることが、戦士の条件であると思っていたからです。
 ところが、自らの憧れである父に、恐怖を持つことは悪いことではなく、むしろ強くなる理由であると諭され、彼はそれを受け入れます。最終的には、彼は自らの父の名をも背負うことで、更に強くならなければならない理由を見つけました。
 対してモモナリは、戦うことを恐れていませんでした。カールとも戦い、ジャクソンとも戦い、最終的にはギーマに戦いを挑みます。彼はそれが全く怖くないわけです、それはまさに普通の人間とは違う狂人の部分でありますし、彼が背負っているものの少なさも意味していますし、彼の伸びしろの少なさも表しています。
 この「戦うことを恐れていない」という感覚を「かっこいい」ととらえるか「愚か」ととらえるかは人によって変わると思います。個人的には、愚かであってほしいのでそういう描写をしています、この考えでかっこいい方に振れるとほんとにカッコよすぎるんで

 最後にタイトルについてです。
 はっきり言って「親子ウォーグル」というタイトルは「親子鷹」という慣用句の捩りで、あまりウォーグルに対して深い考えがあったわけではありませんでした、と言ってもウォーグルがワシモチーフであり、イッシュにいるポケモンであることは知っていました。
 でも海さんの考え方自体が、鷹やワシなどの一部の猛禽類が持っている神聖で勇敢なイメージそのものなので、合ってるともいえますね。

08
セキエイに続く日常 > セキエイに続く日常 > 21 143-おめかし を読んだ感想
投稿者:照風めめ 2017/06/24(土) 00:19
>オーノは、他の審査員に対する怒りを露わにした。つまり彼は、彼以外の審査員が、ある程度の意思を持って、モモナリに低く、他ののコーディネーターに高い評価をつけた感じているのだ。
他のの になってる!

久しぶりに風さんのコンテスト読めて良かったし、流石だなって思いました。
特に妨害だけでなくコンテストの盛り上がりの所の再現の仕方が本当に素晴らしい。
モモナリの哲学もそうだし、オーノ然りコーディネーターの積み重ねてきた「重み」がぶつかってて、そこに静かではあるものの滾るような熱さを感じました。
次回の更新も待ってます!
05
投稿者:来来坊(風) 2017/06/25(日) 22:33
修正しました。

やっぱりコンテストは「魅了入門」でやりきった感じがあるのか、ちょっと苦労しましたね。
コンテストに関しては自分の趣味から思うところも考えたりしました、観客に気に入られるって本当に難しいことなんですよね
06
セキエイに続く日常 > セキエイに続く日常 > 11 132-人を認めた日 を読んだ感想
投稿者:ベルベル人 評価:とても良かった! 2016/05/02(月) 04:53
投稿お疲れ様です。

話が気になってハーメルンからこちらにも来てしまいました。

個人的にはリーグのトッププロ達から称賛されるモモナリの第三者視点からの話がとても好きです。普段は暢気で気の良さそうな人ですが、一皮剥けば……なモモナリのギャップというかが面白いなぁと思います。


あと最後の一文ですが、

""不出世の天才であるクロセと、奇妙な男であるクロセの参戦は""

奇妙な男はモモナリでは?
03
投稿者:来来坊(風) 2016/05/04(水) 23:21
ベルベル人さん

感想ありがとうございます
わざわざこちらに出向いていただき本当に有難うございます。このサイトにも面白い二次小説はたくさんあるので、気が向いたらチェックしてみてください。

誤字修正しました。本当に恥ずかしいレベルの誤字ばかりで申し訳ありません。
04
セキエイに続く日常 を読んだ感想
投稿者:くろそめけゐ 評価:とても良かった! 2016/01/31(日) 21:49
コメ失礼します!前作を読んでないのですがよく考えたチャンピオンロードに関する設定やバトルの設定が「なるほどなぁー」と頷けました^_^

モモナリ君、めっちゃ強そう…

01
投稿者:来来坊(風) 2016/01/31(日) 22:00
表示
>>くろそめけゐさん

感想ありがとうございます!前作を読んでいない方によく言ってもらえると非常に励みになります!
モモナリに関してはあえて意図的に強く描写しようと思うので、今後も活躍すると思います!
02