ポケットモンスターインフィニティ を読んだ感想
投稿者:www 2016/07/08(金) 15:36
どうも、せろんさん。インフィニティに再度感想を書きに参りました。物凄く遅くなりましたが、まだ二回目の感想もあるとは忘れたとは言わせない…! 前回は十五話で打ち切ったので、十六話から書きます。あと、今回は一話をできるだけ細かく感想を言おうと思います。さて、遅れました。感想の方へ
十六話、一人でやろうとして一人で抱え込む…チャットでせろんさんがおっしゃっていた通りのジュンヤだなあ。ソウスケ、先をしっかり読んでますね。ふむ、ノドカは、ソウスケのハーデリアが使用した穴を掘るを利用。フラペペも進化、これは勝負の行方が分からなくなってゾクゾクしますね!…むむ、ワシボンは強敵、ですけれど、言う事を聞かなくて良いハンデ、ふむ、ソウスケの勝利…ですけれど、やはりワシボンの事ですなあ。そして新キャラ、マルーンさん。熱血=真剣に取り組む事は良い事だよ!(熱血=真剣は独自解釈) 最後にまた新キャラですね。この時点で名前が明かされないのが気になります。十七話、ピカチュウはあれだね、犬より愕然と格下の僕にも懐きそうだね!(黒) ジム戦ですかぁ、楽しみです。…って、マルーンさんジムリーダーだったの!? 地面タイプの事を語ってたので、ある程度予想してたけれど……。お、相手はグライガーですか。ジュンヤはイーブイ。…グライガーっょぃょぉ……スピードスターのあの星を両手のハサミで噛み砕く事なんてできるのね…グライガー強い……何か、こう言う、バトルで活用するのは特性だけじゃなく、ポケモンの体や体質の特徴を上手く使うバトル良いよね!グライガーの両手のハサミを活用させるせろんさんのアイディア凄い……これはホント勉強になります。ジュンヤ、マルーンさんやこう言う人に結構影響されそう。ヒノヤコマ格好いい……!なるほど、特性とて活用しなきゃね!次はヌオー、ジュンヤはメェークル。相性的にとても有利だけれど、油断しないでね!バトルは早く終わりましたね、でもヌオー強い…火傷状態が厄介。数的には有利ですけれど、みんな体力が削られてますからねぇ…案の定、メェークルとイーブイは敵わなかったか…。ヒノヤコマ……こ、これは気合いか…!? 勝利、ですね。最後は気合いで勝ちましたか…濃いですねぇ、アツくて鳥肌が止まらない…! 十八話、謎のレアコイル。ダルマッカvsレアコイルのバトルがこれからだ!と言う時に、少女とオルビス団登場。…あれ、オルビス団こんなんだっけ…彼女達からの発言からして、きっと上司が心優しいんでしょうねきっと! あれ、レアコイルはオルビス団のポケモンじゃなかったんですか。結構あっさり倒しましたな。そして新キャラ、エクレア。ソウスケ、エクレアと結構気が合うご様子。気が合う人がいるって嬉しい。おお、乱闘になってる、そして『上司』と言うのは誰なのか気になるところ。レアコイルゲット、更に仲間が!十九話、遂にレイの登場は近いのかな?…あれ、ブーバーンって、この時点にてしは結構強くないかな……だがジュンヤ、最初こそは相性が悪くしかも最終進化系のポケモンに焦りましたが、相手の不審感が募るばかりの行動に幻影と見破った……流石だ。そして遂に本格的にレイ登場だ! ふむ、最終的にレイの勝利、また味のあるバトルだった。ふむ、ホントにブーバーンを持っているのか気になるところ。二十話、レイ視点ですね。そして最初からデンジャラス。レイも苛立ってますね、アジトでジュンヤとレイとの共闘!ふむ、マサツグさんも元気取り戻して良かったね!二十一話、約350種類も捕獲してるのかレイ……結構驚いた。そして更に新たな仲間、モココですね。二十二話、レンジvsレイ、そしてジュンヤ達サイドではピカチュウvsサイホーンですか。進化だっ、ライチュウに進化しましたか。サイホーンゲット!強くなって仲間も増えて来ますね。何だよ!やっぱ弱いじゃんレンジ! 二十三話、シャワーズ進化!って、ええ…記憶改竄しようとしてたの!? うーむ、これはレイなりの思いやりなのか…。 二十四話、おお!ジム戦、やはりジムリーダーは強ければ強い程燃えますね。今回結構ピンチでしたが、何とか勝ちましたね。シャワーズ早速大活躍!ライチュウもヒノヤコマよく頑張った!二十五話、レンジ負けてばっか……あとから強キャラになってくるとか予想してたり。やっぱツルギにはソウスケも勝てない…。てかギャラドスとか強過ぎる…。でも強ければ強い程燃えるよね!(二回) 二十六話、ほうほう、ここでもオルビス団。様々な場所にいますね。ラッキー強い……って、ノドカ!?羨ましいとかこんな状況で!?w ラッキー捕獲ですね。次々に仲間が……! 二十七話、うわぁ…これは凄い……何だこの神回は……これはガチの神回だ…ソウスケvsレンジ、ですね。レンジも今回でちょいと変われたんじゃないかな!そしてソウスケはやっぱアツいやつだ!! 二十八話、オルビス団強襲……おお、ジュンヤ、ノドカ、ソウスケが共闘だ。そしてレイのポケモン、ルカリオ。まだ全然手持ちが明かされてないので気になる一方です。二十九話、レイとの別れですね。色々と謎がありますが、後の展開に期待!! 三十話、お、ジムリーダーのペールさんだ。レイの言っていた通りジムリーダーでしたねー。流石ソウスケ、ゴリ押しか。実質戦略の一つですもんね、しかしやっぱゴリ押しはソウスケらしい笑 一撃必殺のつのドリルでバリヤード、そして立て続けにネイティオを撃破。サーナイト……うむむ、ネイティオが呆気なく倒れたと思ったら厄介なリフレクターを残しておいてましたか……凄い。ライチュウ、電気で筋肉を刺激するとはそんな戦法があったのか。よし!勝利!今回もまた違う味を楽しめたので満足です。三十.五話、やった!ツルギ視点だ!おうふ…速黙読です。過去のツルギに一体何が…これが気になるところです。しかしエドガーっょぃ…。三十一話、追憶の洞に入った途端初っぱなから危険な目に……。ハガネールも出てくるのか!むふふ、ソウスケとワシボン良いコンビになってきたなあ。そして最後に登場した謎の人物…先が気になります!三十二話、回想回か、たまにはこう言うのも良いなあ。確かに結構色々な事あった……!ツルギ撃破までの道のりはどれくらいなのか!三十三話、都会……確かにそれらしい町はまだ行った事がないですもんね。って、凄まじい激戦……もう凄過ぎて何て言えば良いか…錯乱しちまうっ!?…茶番はさておき、ここでゴーゴートに進化したんだなあと思いました。ビブラーバしか倒せなかったけれど、更なる一歩だと思います。三十四話、ポケモンがいないですと……何か妙ですな……。一体何が……。だ、ダーリンっ!?…っ!?(混乱) …ふむふむ、少しは記憶を取り戻して良かったですなあ。けれど相棒を奪われたのは哀しい。三十五話、oh…またまたオルビス団。アイクっょぃ……そしてダルマッカが遂に進化!そしてルークさん!うむむ、この後どうなったのか……。三十五.五話、やった!またツルギ視点だ!サヤ登場、相も変わらずツルギ酷過ぎる…w 揺るぎない冷酷だなあ、けれどカッコいいから満足です笑 三十六話、幽霊…かと思ったらゲンガー。夢の中でバトルすか……こらまた不思議な。そして最後のゲンガーかあいい…笑 三十七話、お、ジュンヤ達とサヤが邂逅を果たしましたねー、そして遂にノドカの相棒のコアルヒーもスワンナに進化……これで三人の相棒が全員進化を遂げましたね。三十八、むっ、珍しくトレーナー同士、またはトレーナーとポケモンのバトルではなく、ポケモン同士のバトルか。たまにはこう言うのも良いですなあ。コジョフー……ダゲキには負けたけど、ソウスケと一緒にいればきっと強くなる筈……!!三十九話、ジム戦きた!チョウジさんとのバトルかあ、ハイドロポンプからの冷凍ビーム……なるほど、面白い戦略だ。かれこれ両者一匹ずつ戦闘不能……どう出るか…!そしてサイホーンがサイドンに進化、面白くなってきた…。なるほど、今まで四足歩行だったから二足歩行には慣れてないのか……けど最後は勝った!ふむふむ、違う味が楽しめました。ふふ、満足ですがまだ続きが……!四十話、ラピスタウン……ジュンヤにとっての絶望を迎え入れた忌々しい思い出のある街か……まあジュンヤが育った街だからね!ふんふん、想い出話か、たまにはリラックスですねー。四十一話、ラピスタウン……ビクティニっ!? そうか、もう一人の親友ってビクティニの事だったのか……しかし幻のポケモンだったとは。四十二話、旅にビクティニが付いて来て、エクレアとの再開、ハーデリアがムーランドに進化!微笑ましいですなあ、エクレアも新しい仲間を見つけて元気そうで。四十三話、この城にビクティニにとって嫌な事とかあるのかなあ、そしてノドカが仲間にすると宣言したランプラー。…強いな……からの、モココも進化してデンリューに!後にはランプラーを捕獲完了。仲間が増えて進化して……良いですねぇ(語彙損失) 四十四話、おいノドカw 自業自得だぞw ……こんな風景を塗り変えるかの如く、オルビス団と遂に発覚したレイ。雰囲気が以前よりクズキャラらしくなってる!?…やはりゾロアからゾロアークに進化してた…そして案の定ブーバーンが手持ちに…そしてそしてヒノヤコマがファイアローに進化。…からの思わぬ登場、ツルギとサヤ!いや〜凄い展開だ…続きを手に読むべし。四十五話、むむ、ジュンヤとツルギの葛藤ですね。んー、全員複雑な関係だなあと改めて思った今日この頃。四十六話、ジム戦、相手はユキメノコ…どうするか……うむむ、みちづれかあ、両者譲らず。サイドンvsゴルーグ、ゴルーグは空中でも戦える…そしてサイドンに無理がありましたね。最後はゲンガーのジムでの初陣、ゴルーグは撃破、相手の最後の手持ちはヨノワール。ゲンガー臆病ですからねー……ジュンヤがゲンガーの事を察して降参すると言い出したので凄い焦った……けれどゲンガー勇気を振り絞りましたねー。そして勝利!いやー熱いです、燃えるしかないバトルでした!四十七話、エドガーvsツルギ&サヤ、オルビス団vsジュンヤ達、いきなりの急展開ですな。しかしツルギが冷静を欠くとは…。何故かのレンジ……まさかオルビス団に入ってるとは……。レイも登場、いつになくクズ度安定してるなあ。そして仮面の男にしてオルビス団のボス。ジュンヤが狂った!? 最後にスタンさん!……いや〜今までにない急展開!……何だろう、ある意味神回ですね!いやあこう言う展開に憧れます!

やっと書き終わりました……。えー、改めてせろんさん、前回の感想から、凄まじく日数が空いて申し訳御座いません!だっt(言い訳の為省略)……半ば自己満足で書き過ぎてしまいましたので、この拙い感想文…と言うか拙文を読みきるのは、お忙しいところを色々と大変でしょうが……。…っと、気持ちを切り替えて、ではまた感想を吐きに来ますね!(殴) 次回も楽しみです。更新はいつまでもお待ちしておりますので、せろんさんの事情もあるのでゆっくり気ままに!では、改めてお礼申し上げます。このような素晴らしい作品を、本当にありがとうございました!
03
投稿者:せろん 2016/07/08(金) 15:57
表示
本っ……当にありがとうございます!!まさか以前にもましてしっかりと、しかも無駄に話数多いのに1話1話感想を書いていただけるなんて作者冥利に尽きる、と言いたくなるくらい嬉しいです!ありがとうございます!!!むしろ読みきるのが大変なんてこちらが言いたいですよ、もう本当にありがとうございます!感想に対しての感想なんて洒落こみたいところですがそしたらキリがなくなる……だけならいいですがネタバレにも抵触しかねないので控えておきますね!素晴らしいなんて言って頂けることもそうですが、ツルギがかっこいいと言っていただけることもソウスケがアツいやつと言ってもらえることもレイが屑と言ってもらえることもとても嬉しいです!レンジは弱くないからね!ただ相手が悪すぎただけだからね!
ではこの辺りで打ちきらせ……いや、まだ言いたい……けどキリがなくなりそうなので涙を堪えて我慢しましょう。こちらこそ本当にありがとうございました!これからも更新頑張ります!だからお互い頑張りましょうね!では五度目になりますがありがとうございました!!
04
ポケットモンスターインフィニティ を読んだ感想
投稿者:www 評価:感動した! 2016/05/19(木) 05:14
どうも、投稿場では初めましてです。この度は、ポケットモンスターインフィニティの感想を書きにやって参りました。本編を一話から最新話まで再読しながら感想を書くので、出来るだけ細かく言おうかと思います。挨拶、前書きをこの辺りにして、早速感想です。
最初に、せろんさんご自身の表現力から行こうかと思います。やはりお上手です…!この一言が脳内で最初に浮かんで来た言葉です。だけれど、この一言だけじゃあ僕個人的につまらないですし言い足りないので、もっと細かく言おうと思います。キャラ同士の葛藤時に、キャラの心理心情描写が上手く書かれていて、想像がしやすかったです。例えばジュンヤとツルギの衝突場面等ですね。キャラの行動も細かく、かつ簡単に書かれており、連想がしやすかったです。この時点で、文章力と表現力が流石としか言えないですわ…。戦闘時の描写も連想しやすく、脳内で想像がしやすいのです…!いやぁ、敵いません。比喩の使い方も素晴らしく素敵な事で…!!
っと、次は登場キャラについてですね。先ずは本作品の主人公、ジュンヤです。やっぱ主人公らしいなぁって思います。仲間への思いやりも然り、名前自信にも意味があって良いですね。僕なんか名前は深く考えるものの、適当に思い付きを何度も浮かべさせて最終的に適当は適当です…。更に相棒がメェークルですかぁ。メェークルをパートナーにチョイスしたのは、もうナイス!しか言えません。角を掴むだけで、掴んだ相手の気持ちが分かるので、パートナー的存在としては凄い似合いますよね。ソウスケはしっかりしてる性格ですねぇ。10分前行動か…しっかりしておりますな。ノドカは三人の中では一番個性的ですね。感情を一番出しやすいと言うか、…ポケモン図鑑が可愛いとか色々変なところがありますね!(汗) 次はツルギですね。性格はアニポケのシンジ系統のライバルですね。非情かつ冷酷の部分もあり、常にい冷静で戦略的にとても長けていますね。
よし、次は本編の物語上に触れて行こうかと。第一話、ジュンヤ、ソウスケ、ノドカ、三人とも個性的ですねぇ。それぞれ三人は夢が同じであれど、思いは違う…良いですねぇ。続きが気になる一方です。第二話にて、ジュンヤが野生ポケモン初ゲットですね。ヤヤコマかぁ、どんなバトルをするのか。第三話、ツルギ来たァ!!と思いましたよ。遂にライバル登場ですね。ツルギはやはり戦略的に優れてますなぁ。特性を上手く使いこなしてる。ほうほう、負けたかっ。いやぁアツいバトルでしたねぇ。…って、ツルツル酷いよお!(黙) くっ、君はやはりそう言う性格なんだな…!上記の通り、この場面の葛藤描写がお上手です。怒りの感情がしっかりと伝わって来ます。第五話、遂にソウスケとノドカも手持ち二匹目かぁ、この二人もジュンヤとは少し遅れて初ゲットですね。第六話、ジュンヤとソウスケが対決…!こらまたアツい勝負で。第七話、ジム戦来たっ!アツいよ!せろんさんアツいよ!アツ過ぎてうぃくさんが壊れそうだよ!バトル描写上手いっ!いやぁ、こりゃ敬意を持って脱帽ですわ。ジム戦勝ちましたねぇ、ジムバッチ初ゲットですな。めでたしめでたし。……毎回読み終わる度に言いたくなるのですが、いつもいつも終わり方がカッコいいよせろんさん…!何て言うか、一話一話に完結感かあると言うか、とにかく『あぁ、終わったなぁ』的な事が思えます。高ぶりまくったテンションを戻して第八話、…チャンピオン!?Σ(◎_◎;) ほうほう、エイヘイ地方の歴史かぁ、興味深いですん。第九話、イーブイ出た!大好きなイーブイ出た!やった!来た!とかはしゃぎ、オルビス団を空気化させようとしてました、ごめんね!やっぱ本家ポケモンには『団』が無いとですねぇ。第十話、ジュンヤvs新キャラ、レンジですねっ、期待通りのバトルのアツさと上手い戦闘描写。第十一話、おお、次は初進化ですか。ヤヤコマからヒノヤコマですかぁ、一段と強くなってそうだ。第十二話、ソウスケがワシボンゲットかぁ。レンジ負けてんじゃんっ。第十三話、の、ノドカ危機一髪…!…ってか、またツルツルゥ!そこを狙って来た…か…ローブシン!?Σ(◎_◎;) ツルギもう最終進化ポケモン持っちゃってるのか…手強いなぁ。第十四話、やった!ピカチュウだ!僕が大好k(ry)…あっさりゲットでしたね(笑) まぁいいだろう(何様) 第十五話、急展開っ!? チャンピオンもおでましとは。ツルギ、ギャラドス!? 無双状態…からのエドガー登場…何者だ…!

…と、まぁここまで語りましたが、まさかの学校に行かないといけないので(泣
十五話までだけでも結構語っちゃいましたね…今回はここで打ち切りにさせてもらいます。
最後に、内容を纏めて言うととても素晴らしかったです。次の更新も楽しみにお待ちしております。こんな素敵な作品をありがとうございました!
01
投稿者:せろん 2016/05/19(木) 10:02
あはは、チャットではあれだけ話しているのに確かに投稿では初めてですね!
うおお、こんなにたくさんの感想をありがとうございます……!もうすごい細かく書いていただけたのが嬉しすぎて何から言えばいいか分かりません……!
まずは文章についてですが、そうやってべた褒めされてしまうと自信のない自分でも調子に乗ってしまいます!なるべく分かりやすいように書ければいいなと思っているので、一人でも多くの人にしっかり文章が伝わってくれるならそれ以上に嬉しいことはありません、本当にありがとうございます!戦闘も上手く書けている自信がないのでそう言ってもらえると幸いです!
そしてキャラについてですが、メェークルは自分的にも結構いいチョイスだと思っていたんですよね!ジュンヤは主人公なのでやはり主人公らしい性格で、と思ったのと、主人公はマトモな性格なのが自分の好みなのでそれも関係しているんです、彼の性格は!ソウスケは最初はもっとマトモなやつになるはずだったのですが、いつの間にか熱血脳筋野郎になってしまいました……フシギダネ。ノドカは女の子のかわいいの基準がよく分からないので、女の子らしくよく分からないかわいいをしてもらいました!そしてツルギはライバルなのでライバルらしい非情で常に主人公を上回るようなキャラ目指しました!関係無いようでありますがシンジは本当にかっこいい!
本編の内容については自分まで語ると長くなったり恥ずかしくなったりするので割愛しますが、やっぱり一話終わるときにはなるべく話が終わったことを表したいので無理矢理にでも完結感をつくるように心掛けているので、そう言ってもらえるならとても嬉しいです!
ツルギはライバルだけど空気読まない手持ちしてますからねー……最終進化も序盤から手持ちにいる空気読めないっぷり。いいよね、ライバルなんだし!
こちらこそこんなに感想を書いて頂き本当にありがとうございます!これからも頑張りますね、改めて本当にありがとうございます!!
02